2018年9月21日金曜日

ミステリアスな花❀

皆様、こんにちは。

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉があります。

「暑いのは秋分の日ぐらいまで
 寒いのも春分の日ぐらいまでですよ。」
という意味です。

今年の秋のお彼岸は、9/20~9/26までです。

道端にヒガンバナが咲いていました。


名前の通り、秋の彼岸ごろから開花するのでこの名前が付いています。

見た目も独特で、
なんとなく「不気味」「怖い」「妖しい」といった
ネガティブなイメージのある花です。

花の別名も
なんだかおどろおどろしいのが並んでいます。

「毒花」「痺れ花」
実は、ヒガンバナの茎や球根には「リコリン」という
有害成分が入っているのです。
人間が摂取すれば、吐き気や下痢を起こし、
ひどい場合には、中枢神経のマヒを起こして
死に至ることもあるそうです。

「死人花」「地獄花」「幽霊花」
遺体を土葬した時代に、遺体を動物に掘り返されないために
球根に毒のあるヒガンバナを多く植えました。
そのために、ヒガンバナは墓地でよく見られるようになりました。

「捨子花」
花が咲いているのに葉(親)が見えないことが由来。

怖い名前だけではありませんでした(^-^)

「狐のたいまつ」
炎をイメージする姿をしていることから。

「天蓋花-てんがいばな-」
お寺のご本尊の上にかける天蓋に似ている。

「曼殊沙華」
これもよく聞く名前ですね。
法華経などの仏典に由来しているそうですが、天界に咲く花という意味。
おめでたいことの兆しに赤い花が降るという話から天上の花と言われています。



ヒガンバナは、成長が早く、
芽が出たと思ったら毎日ニョキニョキと伸びて
1週間ほどで花が咲くらしいのです‼

気づいたら一面が真っ赤に染まっていたらびっくりしますね。
そんなところもヒガンバナが、
幻想的に思われている理由なのかもしれません。

子供のころは、なんとなく不気味に思っていた花ですが、
大人になってよく見てみると、色も鮮やかで、花の形も個性的で
とても魅力的な花だと思いました💛




2018年9月10日月曜日

秋の味覚🌰🍎🍇

皆様、こんにちは。

今年もこの季節がやって来ました!
「食欲の秋💛」

秋になると食欲が増すというのは、単なる思い過ごしではなく、
実はれっきとした科学的根拠があるらしいのです。

秋は、日照時間が短くなり、
食欲を抑える効果のあるセロトニンが少なくなります。
そして、気温が下がると体温を保持するために基礎代謝が上がり、
身体はより多くのエネルギーを補おうとします。

ここまでが科学的に解明されている原因です。

そしてそして、
秋は、たくさんの食材がを迎える季節!

「食べたい❣」という気持ちが強くなっても仕方ないですよね💦💦

秋の味覚のベスト3は、
「栗」「サツマイモ」「さんま」という統計があるそうですが、

アップルパイにモンブラン、スイートポテト・・・。
あれ?
甘いデザートばかりになっちゃいました(^_^;)

皆様にとっての「秋の味覚」はなんですか?


今年も美味しい秋になります様に💛

2018年9月1日土曜日

防災週間

皆様、こんにちは。

本日9月1日は、「防災の日」です。

なぜ「防災の日」が9月1日になったかというと…
9月1日は、
関東大震災(1923年)が発生した日であること、
暦の上で台風の多い二百十日に当たること、
などの理由から
災害への備えを怠らないように」との戒めも込めて
昭和35(1960)年に創設されました。

前後にあたる8月30日~9月5日は、
防災週間と位置付けられています。

「災害の発生を未然に防止し、
 あるいは被害を最小限に止めるには、
 どうすればよいかということを、
 みんなが各自の持場で家庭で職場で考えよう!」

という事なのです。


この機会に、防災袋の中身を点検したり、
家族で防災マニュアルを確認してみると良いですね!

我が家は、猫が一緒に暮らしているので、
防災袋には、猫ゴハンも常備してあります🐈

最近は、地震だけでなく、大雨の被害も多いですし、
出来ることから心がけておきたいですね(^^)