2017年10月22日日曜日

カタツムリ🐌

皆様、こんにちは。
雨が続いていますね。
気温もぐっと下がって、肌寒くなりました。


尾山台駅からERVIO等々力までの道中に
カタツムリを見つけました。
お家の塀を登っているところを失礼して
写真を撮らせてもらいました。



カタツムリと言えば、紫陽花や梅雨のイメージなので、
雨が好きなのかと思っていましたが・・・。

調べてみたら貝類で乾燥は苦手なのに水も苦手。
「肺」があるので水中では生きられません。
雨が降ると、水没する可能性がある地面から避難して
高い場所に逃れようとしているのです。

雨が好きだから、喜んで外で遊んでいる訳では無く、
どちらかと言うと苦手みたいです(^_^;)

カタツムリとナメクジはよく似ていますが、別の生き物です。
カタツムリの殻をひきはなそうとするとカタツムリは死んでしまいます。
ヤドカリの様に殻を背負っているわけでは無く、殻も身体の一部なのです。

「カタツムリ」が殻を失うという進化をしたのが「ナメクジ」なんだとか⁉



私が出会ったカタツムリ君は、コンクリートの壁を登っていましたが、
これにも理由があり、セメントに含まれる石灰岩のカルシウムや塩分を
食べるためなんですって‼
やすりの様な形の歯が1万本以上(!)も生えていて、削り取りながら食べるそうですよ。

いろいろ意外なカタツムリ君でした。

カタツムリには、寄生虫がいることもあります。
触った後は、しっかり手を洗いましょうね♪